観に行きたい映画

昨日は空港行き師匠のお山行きと
色々ありましたが書き終わって寝落ち
アップ出来ていなくて全て消えてしまいました‥



携帯を見ていてふと入ってきた情報
5月に上映される「許された子どもたち」



いじめによる死亡事件に着想を得た物語と
オフィシャルホームページに書いてありました

予告を見ましたら
出演の男の子達の柳楽優弥さんを彷彿とさせる目力とこの年代独特の透明感に
くぎづけ


重いでしょうが内容も期待しています

自主映画なので上映館が限られていますが
これは見逃せません




キャッチコピーの

あなたの子どもが人を殺したらどうしますか?


どなたが考えたのでしょうね

気になって仕方がありません




他には
Fukushima 50  もどうしても観たかったのですが
今はこんな状況なので諦めて
原作の文庫本を読んで済ませました


どうか5月には
新型コロナ 落ち着きますように

そして
仕事の合間で行ける上映時間でありますように




亡くなった方々の御冥福を祈り
これ以上なくなる方がありませんように
かかった方が一日も早く治りますように
願います

この記事へのコメント