日常

公園は変わらず人だらけ
口を覆う対策をせぬままの人も増えました

マスクがなければ
手ぬぐいでもバンダナでもタオルでも
何なりと巻く手段はあるのに
マスクがないとの逃げ口上
ないから何もできないと逃げ口上


マスクでなければ効果がない・薄いかも
しれません
しかし何も対策しないでいられるのは
周囲の不安を煽ります




対策をしない方は不思議と
人との距離もとられない事も多いです


なぜ?と考えてみましたところ
昔ハンドリングの競技会であった事を
思い出しました


その時の私の相棒犬がゴールデンで
並びが一番先頭

それぞれのモデル犬はいろんな犬種です

初めにクラス全員が並んで犬を立てるのですが
スタンディングに支障が出る程
後ろの方がやたら詰めてきて
しかも前にいって!とまで要求してきました


こちらはぎりぎりのところでスタンディング
(競技会では小型犬は個体審査でテーブルにのせる為前方にトリミングテーブルがあり。審査員と後ろを見て判断して位置決め)

ゴールデンは尾を背線にそってあげてセットする
必要がありますので
後ろだって詰められると困るのです

しかし圧に負けて少し前に出てしまいました


そのゴールデンは外産のショードッグ
(ショーブリーダーで勤めだして間もない頃。ウィペットより前の先生犬)
引退していますがマナーのしっかり入った子
テーブルが超がつく程大好き

とくれば…

乗りたさに耐えきれず
未熟で私も止めきれず
ピョン!😱
軽やかにうれしそうにテーブルに飛び乗りました


勢いと重みに耐えきれず
テーブルは折りたたみの脚がくずれ……

犬に怪我はなかったのとテーブルが壊れなかったのが幸いですが

後ろの方は
苦虫をかみ潰したようなバツが悪そうな表情
それでも下がろうとせず

結局 審査員が指示して後ろを整列しました






当時は
なんで意地悪するの!と腹を立てたのですが
そうではないんですよね

ゴールデンのスタンディングが
尾を背線にそって上げるから
尾の長さプラスアルファが必要
後ろは前の犬の邪魔をしない距離を保たねばならない
犬種によりテールの保持が違う

知らないんです  ただそれだけ





レジに並ぶ時に詰めて並ぶ

状況が変わっている事を知らないから
以前と同様に少しでも前が進めば詰める

知らないんです  ただそれだけ



対策せずジョギング・ランニング

運動して呼吸が荒くなると
飛沫の飛ぶ距離ものびる事を知らないから
外だから3密に当てはまらないと考え
口を覆わず運動に勤しむ
止まらず走りたいから交差点は青になることに
夢中で人との距離をとらない

知らないんです  ただそれだけ





知らないでいいの?

知らないで済ませていいの?

死にたいの?

殺したいの?



こんなことで死にたくない

こんなことで殺したくない



かからないにこしたことないですが
かかるにしたって
やる事やらずにかかればきっと後悔する

予防努力せずしてかかったら
自分で自分が恥ずかしい



今こそ耳に心を持って

本当に緊急の時は躊躇わずに行動!

緊急でなければステイホーム!

携帯やゲームは夢中になりやすい
同じようにコロナ対策も夢中に取り組みましょう



口角あげて
ニッコニコのスマイル!
よく寝てよく食べしっかり休み
乗りきりましょう

MVIMG_20200423_182738.jpg

この記事へのコメント