販売と繁殖 ちょっと脱線その2 愚痴の為スルー願います

吐き出さないと体も心も動けないまま
無駄に時を過ごしてしまうので
うだうだ書いてしまった次第

これを書くのをひと区切りにして
愚痴書きをストップ
なんとか気持ちを新たにしようと思っています

まだまだいっぱいトラウマがあるもので
何かのきっかけで
またうだうだで愚痴復活するかもしれませんが
極力短時間短期間で止められたらと願います




マスコミの信用性
私の中ではかなり低いです


某ペット番組では
出演ペット?取材ペット募集を
取り上げる地域のペットショップに
情報提供を求めていました
(片付けをしていたら当時のFAXが出てきました)

ちょうどバックヤードブリーダーの店に
細リードを買いに行って関わりはじめてしまった頃に
×××の旅という事で地元の犬情報の提供を
求めていて

言葉をしゃべる犬
二本足で歩く犬
変なクセのある犬猫
家族の手伝いをする犬
穴を掘る犬
犬小屋が大きい家・小さい家
犬以外の動物を飼っている人情報 などと

FAX用紙に書いてありました


バックヤードブリーダーは
取り上げられれば
自分の店の今後の宣伝に使えると思ったようで
連絡したみたいでした

商品買うときに住所と電話番号と名前を
書くように言われて書いてしまったのが
いけません

番号を教えたみたいで
直接東京から連絡がきまして
それが幸いして
(店紹介ではなく素人さんの愛犬紹介の番組だから)プロだからだめでしょう!と即断お断り

こんなことがあったとオーナーとY氏に伝えたら
黙っておいて(取材が)来てから言えばいいのに…と悔しそうな口ぶりで返されました

生業にしている人でも良ければまだしも
ならぬものはならぬでしょう?

ちなみに 内容は
単なる背飛びでした(苦笑)


数年後
イベント会場の控室で
その番組の出演者とわんこにすれ違いましたが
(犬種書くとバレちゃうから秘密)
断ってよかったと再認識しました





IMG_20200616_022816~2.jpgIMG_20200616_022803~2.jpg
前述の雑誌

創刊号の表紙にうちの阿梨が載っているため
当時よく眺めていたのですが

中のセルフしつけコンテストというのが
これまた違和感
バックヤードブリーダーに関わる前は毒されず変なことがよくわかる

Y市はSしつけ教室
N市T市O市等A県はWしつけ教室

たまに違う地域やイニシャルのしつけ教室も
ありますが
大半 上の2つ

おかしいなぁおかしいなぁと

しかし創刊号はお客様のご自宅や近隣公園での
写真で店は写っていなかったので
推測であそこかな?と

自分も訓練しているので気にはなるわけです

いいことばっかり書いてあり
1ヵ月間の
1回目で引っ張りが治り
2回目で散歩の途中で待ての命令を聞くように
3回目にはおすわり
4回目にはとうとう伏せも完璧に

写真は伏せさせて紐を離していて
(後日直接見ましたが何もできませんでした)



でどんな感じか勉強にちょっと覗くのに
細リードを買おうかと
(苦笑)
それがバックヤードブリーダーだったわけです


どっぷりつかったら見えるわけです

そのセルフしつけコンテストに載っていた方々は
Y氏がトップのトリマー店員について出張訓練の銘で
ひたすら散歩…
全て良くなり何でもできるようになる…
のマニュアルとトークで
暗示にかけられていたことを

コンテストに載った方々はしつけが入っているからそれ以上の事を私が教えるようにと
トップトリマー店員の出張訓練の後を私が引き継ぐ形でY氏がシステムを組もうとして
実際の犬達と会うことになるのですが
雑誌で期待し過ぎたからでしょうか
見た後しばらく絶句しました

前述の犬同様この犬も
何も入っていないからそれ以上の事以前の問題で
未熟の私は面と向かって
はっきり言ってしまいました(今は大反省しています)

何も出来ていませんね
何をされていたんですか?



引き継ぐという事は
私の犬ができる事のようなものをやれとの
意味合いでした

しかし
人の存在を意識する事を教えていない犬達と
出来る状態とはどういう事かを歪曲化された
お客様達に
一足飛びに紐無しやら休止やらトリック系やら
導入しても危険すぎ
(呼びも入っていない犬の紐外してあれこれしろと言われても事故の元)

かといって
根っこに手をつけるのはY氏とトップトリマー店員との兼ね合いでダメ
それはトップトリマー店員OさんからMさんに
バトンタッチされても続きました

では
しつけってなんなの?と葛藤が始まりました



しかし
悩むだけ無駄でした

同じようにおかしいと思い問い合わせした人も
いたのか

2号では
地域名としつけ教室名イニシャルが無くなり
トレーナーの会員(お客様)5名以上
エントリーしたら認定資格を与える
アドバイザーの紹介ページを設けると始まり
その分あからさまに店前での写真にしたり
情報屋とバックヤードブリーダー店名と
トップトリマー店員名を強調したりする上
人数集めに
Y氏に集まる大元3軒のうちの1軒の妻(プロ)と
その別の1軒からの発生店主(プロ)も
お客様側として掲載される

3号では
一気に頭数が減り6頭
そのうちの1頭が私が厳しく言ってしまった犬です

最終号で
Y氏が人数少ないから出ろと
バックヤードブリーダーの
トリマー店員2名 塾生1名を数合わせにする




こんな事を直接見たり経験しているので
どうしてもマスコミには気をつけないとと
警戒せねばいられません

この記事へのコメント