県独自の緊急事態宣言が昨日解除

お尻が重くて携帯触っていて情報発見
24日に解除されていました
緊急事態宣言

近所の病院も喫茶店も学校も発生
休業ガラガラしていましたので
気が気でありませんでした



師匠のお山コールも1度ありましたが
既にシャンプーの予約が入っていたのに加えて
県またぎの自粛が言われていましたので
滅多にしないお断りをしました

濃厚接触はしていませんが
これだけ近隣で多く発生していると情報を
得ているので
移動する勇気がありません

猛暑のピーク期間に犬達を留守番させるのも
一緒に連れて行くのも怖くて心配
とても出来ません

今年は仕方がありませんね


解除とはいえ
県またぎ自粛は東海3県以外へは継続

まだまだ忍の一字です




深夜ラジオでこんな歌が流れていました

AIDSが騒がれてまだ間もない頃です

AIDSが街にやってきた
野を越え 山越え忍び寄る
悪魔のウイルス狙ってる
僕を 私を 赤ちゃんを

題名も誰が歌っていたのかもわかりません
(著作権にかかる場合即刻削除及び支払致します)

AIDS死ななきゃなおらないんですか?
A I D S
21世紀には1億人が死ぬという


確か1980年代だったと記憶しています
当時知識も情報も少なくてとても偏見をもたれていましたHIVウイルス

ワクチンこそありませんが
今では多剤併用療法でウイルス量を減らすことが可能となり進行を遅らせられるようになりました



コロナウイルスも
きっとそんな時代が来ると願って
ワクチン開発や医療の手助けは出来ませんので
自分が出来る事を精一杯する

感染予防をする
感染拡大を防ぐ
自分一人ぐらいと甘くみない
自分一人でもやればわずかな足しになる

いい意味でマスクと消毒生活に馴致しましたので
今後ともストレスなく継続出来そうです





この記事へのコメント