花梨が立った!

40℃弱の高熱でぐったり
16:00の開くのに合わせて病院へはしり
皮下補液と長期に効く抗生剤

19:10
自分で立ち上がりました

急ぎお水をあげると飲みました
(せっかく病院でブドウ糖頂いてきたのに車から
下ろす余裕がなくて)

敷物についたおりものを気にして
舐めています

回ろうとすると足元がふらっとはしますが
病院に行った時とは段違い



手術を視野にいれつつもいつも薬でといわれて
落ち着いては倒れの繰り返し

4回目?5回目? 

もうフェニックス花梨と冗談を言っては
いられません

年齢を考えると
危険性が高いのでしょうが
あまりにも辛そうなので
今回落ち着いたら手術でとお願いしました




手術せずこのまま繰り返して弱って亡くなれば
後悔

年の半分程薬を飲み続け
安静にしている期間もそれなりに長く



ならば
私は今回彼女を手術してもらって
根治を願います

動ける余生を過ごさせてやりたいのです



といいつつ
体力がもたないかもしれない不安に
悩み惑います

とりあえず
落ちついて目を離しても大丈夫そうなので
ブドウ糖あげてから
お嬢さんが食べそうな何か消化の良さそうな物を
買い出しに行ってきます


この記事へのコメント