火の用心

寒いのか暖かいのか
はっきり冬!とならず不思議な感じの今日この頃



週末お山で近所に火事がありました

煙が上がっているのを目視
驚きと共に怖いと感じました

そしてうちに戻ってきて
深夜になりましたが次の日の食料品の買い出しに
出かけ見かけた光景


信号待ちしていて周りの歩行者を見ていたら
白地のヒョウ柄?ダルメシアン柄?のフワフワおしゃれ服に髪も可愛らしく2つにお団子のお嬢さん

歩きタバコ◯(-。-)◯y-゜゜゜

からの……

ポイ捨て!😱


火ついたまま💢
煙あがっていますよ!
そもそもなぜ灰皿に捨てない!?


もう習慣なんでしょうね
いつ捨てたの?というくらい素早い自然な動きで
捨てた後新しいのを出して火つけてくわえ…

他を汚して
自身を見目麗しく着飾って
いくら可愛らしくしていても見苦しいこと
この上なし

ほっておいても何もおきないとたかをくくって…
火をなめているのが怖い!!

落葉の多い秋
そこに熾火状態のタバコ捨てたらどうなる?


物は簡単に燃えないなんて思うなよ💢

外側ほぼ金属の車ですら
タイヤから引火して内装に広がり
ガソリン入っていればドーン!

一旦火があがれば消すのがどれだけ大変か


運転していて
前の車からの
火のついたままのタバコのポイ捨て

あれ本当に怖いです

一瞬くらいなら踏んでも大丈夫と
頭では理解していても条件反射的に
火を避けて踏まないように
ハンドルをきってしまいます



火の用心
マッチ一本火事の元 カン!カン!


いまや
マッチも拍子木も何処の時代

しかし火への畏怖を忘れずに
時代関係なく用心したいものです

この記事へのコメント