皆が行く道

公園から帰ろうと車を出しかけたとき
運転が得意ではないと自覚があるので
確認しながら慎重にゆっくりゆっくり
車体の3分の1程出たところで
クラクションを鳴らされました

あとから入ってきた車でした

その車はあまりスピードを落としていない状態で
駐車場に入ってきて
クラクションで停まった私の車の後ろを
スピードを落とさず通って奥へ入っていきました


おそらく
早く入って早く停めて
早く自分のやりたい事をやりたかったのでしょう

だから

お前が停まれ!俺様えっへんな態度




譲り合いで事故は防げる
と理性ではわかっていますが
相手が威圧的な態度だったので
どんな方が運転しているのだろうと
観察してみました

すると

年配のご夫婦で

停めるときに奥さんが車から降りてきて
誘導
(運転が得意ではないのですね)

駐車場は公園利用のみでと看板が出ているのに
停めて即公園の外へ
(ルールを守らないのですね)

極めつけに
旦那さん
道にタンの吐き捨て
(奥さん見ていても止めも注意もしない!)



あぁ
だからね

これはもう仕方がありません

反面教師にさせてもらいます



誰もが年をとり子供に返っていく


その時にみっともないと思われるような
人間ではなく
可愛いねと思ってもらえる人間であれる様に
心がけたい

マウンティングがかっこいいと思うのは
本人だけ

見苦しくて恥ずかしい行いです

自分の汚れを外に散らかし自分はきれい?
見目はキレイになるでしょうが
心はその何倍もどす黒く汚れることでしょう


自分の姿勢を正すのは自分自身

さあ 頑張ろう!

この記事へのコメント