聞こえています

独り言のつもりでも聞こえるものですね




お昼に買い出しに近所のスーパーに行って
帰ろうとしたときのことでした

ドア脇で催事をやっています
某地方の某名産品販売

若い男性販売員が通る方々へ試食を
すすめていました


帰りに
買っていこうかと考えて寄ろうとしました

その時に私の前に年配の女性がいらっしゃって
販売員が試食をすすめていて

女性はいらないと意思表示

おっしゃった言葉は聞こえませんでしたが
手を振る仕草を合わせていたので
後ろから見ていた私にも
いらないんだなとわかりました

それでも販売員はすすめていて
女性も再びなにかおっしゃって
手を振るのに加え体を背け
出口へゆっくり歩かれていきました


その背中に向けて
彼はぼそっと呟きました



何言っとるかわからん




そう言い捨てて
販売員も女性から背を向けました



歩みがゆっくりなのでまだ距離も離れておらず
聞こえていたかもしれません

試食を断られた腹いせでしょうか

それにしても
自分で声をかけておいて
何言っとるかわからんって失礼です



情けない話
それに対して私も何も言えませんでした

その場で直ぐに頭がまわらず

時間をおけば
あなたも何を言っとるかわからんねと
販売員に声かけるくらい思いつくのに



できる事は
買わずに帰ること

ただそれだけ




女性がなんと思われたのかはわかりません

聞こえていなかったのか
聞こえていても相手にしなかっただけか
未熟な若者をあたたかい気持ちで見守ったのか


販売員の彼の了見もわかりません


しかし
第三者の私が腹をたてる筋合いではないのは
わかります




若者の言葉に振り回されない様な
年のとり方をしたいですが
まだまだ私も若造ですね

青いねと
笑って見守るくらいの器になりたいです




この記事へのコメント