お高いフード

朝からくまりさんとドライブ
携帯忘れて写真ありません😅



ゴールデンウィークで配送もおくれますし
お店も祝日で閉まるといけないので
フードの直接買い出しです


下痢するメンバーにフードを別にと思いまして

今までのと比べると
定価は3〜4割増になりますが
痩せの改善の兆しが消えたので
変えてみることにしました


高いからといって良いわけでもありません

合うか合わないかが大事



運転しながらふと思い出す

数十年前

下手したら私もこの世にいなくなっていたかも
しれなかった

生きるも死ぬも紙一重



当時
あるお方々からの依頼

犬が飼えなくなった
多頭の中の
一番初めに買った両膝手術した老犬だけ
引き取って
若い犬達は出さずに飼う

それに対して

里親は引き受けられない
里親を探す方法は助言する
と答えた結果

恨みますと言われ
縁が切れました

その内の一人は数十年後
旦那さんいらないって事件おこして
ニュースに大々的に取り上げられました

恨まれるだけで済んで良かった…


年月を重ね
相手を恨むだけではなく
手をかけるハードルが低くなってしまった彼女

怒らせていたら
数十年前の時点でハードルをこえていたかもしれない

若く未熟な私
もっと相手を切れさせる対応をしていても
おかしくはなかったから
単に運が良かったのでしょう



もう一人はバックヤードブリーダー勤務時の同僚

犬の仕事に一時的とはいえ身を置いていたのに
犬いらないに手を貸した

友達にどんどん犬を売って
ホーダーになると私が止めても彼女は売って

側にいるのに里親を探す助言をせず
伝手で私を巻き込み犬を引き取らせようとした

同僚自身は
既に他の友達に売った犬がいらないと戻され
引き取って
自分で世話せず親に任せ夜は呑み歩き

他に自身達で飼った犬を含め10頭以上

自分は限界だからと
困るとわかっていることを私にさせようとした

犬舎でどっぷり店側からの迫害を受けて
耐えてきた仲なのに
その程度の関係
利用する対象でしかなかったのかと
がっかりしました



二人に対してアドバイスしてくれる人は
いなかったのだろうと推測しています


ニュースで
その人のやっていた店名が
飼っていた(る)犬の名と言っていて
ひょっとしてあのいらないって言われた子と同じだったかな?
なんて感慨深いものがありました






フードは高級品を与えていて
費用はあるのに
フィラリア予防はお金がなくてしていないと言う

フードの費用を抑えてフィラリア予防にまわすことは可能なのに変に惜しむ

若い犬は飼えるのに病老犬のみ放棄の矛盾

チラシ配布等里親を見つける努力は一切していない

いらないと言われたコーギーが哀れでした



この記事へのコメント