お初の

今日 初めてみえました
ビフォーです
PXL_20211010_001717318.jpg
ミニチュアプードルのシロ君です


引越してこられてバタバタしていたそうで
小さな毛玉が大量にありまして
とき始めて
私もちょっぴり泣きが入りかけました😅

しかし気合いが入り集中バリバリ
シロ君もおりこうさんに協力してくれて

ちょいっとステイはイヤイヤしましたが
なんとか最後まで頑張ってくれました

PXL_20211010_011640050.jpg
ブラッシングしてシャンプーしてカット
PXL_20211010_065510737-78e72.jpg
休憩いれてはカット 休憩いれてはカット
繰り返し
ああでもないこうでもないと

大きいと思うと先が見えないので
トイが大きいだけと思いながらひたすらカット

PXL_20211010_074340455.jpg PXL_20211010_074656234-fab7d.jpg
テーブル上では大きい感じがしませんでしたが
下ろすとやっぱり大きい💕
ミニチュアですね

トイと比較すると膝もきれいで
後望も飛節が内に入ったりせず

しっかり動けそう
訓練したい😁なんて

人懐っこくて遊戯性があって
うん ミニチュアいい!
カットがなければ私も飼いたい(笑)

大昔だとトイでもこの位のサイズの子いましたが
今やティーカップだのタイニーだの
トイのオーバーサイズ見かけなくなりまして
ちょっと淋しいです



全然トラじゃない〜と言っていただいて
心苦しくて

もっと左側を切るべきでしたし
右側をもっと切るべきでした


取り切れずどうしても残る微細な毛玉が
もつれをよぶので
どこの美容に出されるとしても
次は早めに
それか美容の合間にブラッシングを
お家で頑張るか
してくださいとお願いしました


毛量が多いので耳も蒸れやすく
片方に引っ掻いたような跡あり

右前肢におでき1つ

鼻に大きめの毛玉
取るのにどうしても皮膚に赤味

バリカン負けの恐れの予防
初回なのでお腹足裏全てハサミ

こんな感じでした



トリマーさん
問い合わせてもいっぱいでお断り
される事が多いそうです

他所の事とはいえ
うらやましいかぎりですね(笑)😁


そうなのです
毎月予約で決まっていて
新規を受け容れられないお店が多いのです

予約と予約の間に汚れてしまい
急遽お願い…もできないらしいです

仕事としていますので事情はよくわかりますが
業界として考えねばいけないと思います



仔犬販売時にも
美容に関する説明がもっと必要です


美容に出す合間にも自宅での手入れが必要
自分で出来る毛質か?

犬が多く飼われている地域では
店の数も多いが
人気店は予約でいっぱい
早く問い合わせをしておく必要がある

マニアックな犬種は
行うトリマーも限られている
事前に調べておくと良い



つい先日も
ジャイアントシュナウザーの美容の問い合わせが
ありまして

あえてジャイアント選ぶからにはストリッピングか?
最近猫も杓子も背バリだしなぁ…
さぁどこかやっている?

うち?基本シャンプーのみ
昔ミニシュナで
人がやっているのを横で見た程度
今のラインに自信がありませんし
自分の飼い犬ならまだしもお客様の仔犬
手をつけるわけにはいきません

ストリッピングやっている方が見つかるまで
応急でシャンプーのみなら
他所が見つかればいつでもキャンセルOK!
私も情報探してみますとお伝えして

それで
無事やっている方が見つかったそうで
キャンセル
安堵しました


これも昔の話ですが
イベントで
かなり伸びているのに
まだねじねじしていない若いプーリーが来ていて

ねじねじやっているトリマーさん
日本にいるのかなぁ
オーナーさん自分でされるのかなぁなんて
思ったこともありました


プードルでも
予約いっぱいと断られるのに

日本で頭数が限られていて触る機会の少ない犬種

更に選択肢が限られてしまいます



手入れ
今後問題が出てきそうですね

そのうち
普通の家庭犬のカットでも遠方へ出すことが
増えるのかもしれません


お家手入れお家カットが
もっと増えるといいのになと
私は思うのです





そして
余談


シロ君の毛量
うちの花梨にわけて欲しいです

花梨も毛量あれば
カットの練習やりやすかったでしょう



お客様のカットをするのにハサミを忘れない様に
うちのプードルが練習台

ラガーからパトスで現在の花梨

パトスの父 ラガーは毛量たっぷり
母は鯉背でオーバーサイズ

パトスの兄弟の娘が花梨で
花梨の父は母似のオーバーサイズで鯉背
母は毛量が少ない

花梨
毛量が少なくて鯉背でオーバーサイズ気味
プードルらしさからかけ離れてしまいました

犬種標準問わなければ
家庭犬で良し 
可愛い花梨 うちの紅一点ならぬプー一点です







この記事へのコメント